どうしても家計簿をつけるのが面倒になってしまう私。そんな私なりの家計簿を使わない管理方法をご紹介します。
まずすることは、自分に毎月どれくらいの支払いがあるかを計算することです。家賃や光熱水費、食費や娯楽費など全て計算します。それが終わったらお金を3つに分けるのです。1つ目は家賃や光熱水費、保険料など口座から引かれるものの財布です。このお金は口座にそのまま入れておきましょう。2つ目は食費です。買い物に行くときはこの財布を持って行くようにします。3つ目は娯楽費ですね。お小遣いとして使いましょう。
そうするとどうでしょう。毎月少なからず余るお金が出てきませんか?そのお金を貯金として残しておくのです。そのため、1度口座からお金をまとめて出したらもう引き出しはしないようにしましょうね。あくまで残りは貯金です。
そして1ヶ月やりくりをして、終わったところでお金が余ってしまったら翌月の支払いに回しましょう。ここでポイントなのが、例えば月3万の娯楽費が1万余ったら翌月は2万だけしか引き落とさないということです。こうすれば毎月の貯金額が増えますよね。
わざわざ家計簿までつけなくても大雑把に仕分けをしてからは貯金が毎月できていて感動しています。
https://www.kagayakeru.net/