日本共産党第6回中央委員会総会が行われました
その中で石井和夫委員長が討論の結合を行いました
さらにその中で 幹部会報告書は右手積極的に受け止められ深められたと強調しました
そしてみっつの点において強調して述べました
まず第一に述べたことは野党と市民が共に戦ったことは今後に行ける大きな実りあるものとなったということです
まず日本共産党地震は野党が共に戦うということを通して大きく大きく政治的に成長したということです
私たちもまたしんぶん赤旗を毎日熟読するようになりました
そのことで日本共産党がどれほどに大きな役割を果たしているか
日本共産党の今度の野党と共に戦うということがどれほど日本共産党にとって大きな前進であったことかそれをいちいち学ぶことができました
今まで日本共産党はどうしても金と政治の癒着と言ったことを気にしてまたその事を本当に避けるために他の党と組むことはありませんでした
しかしながら今回やっと他の野党と組んだことは大きな意味があるものでした
どうしても 戦争法廃案に追い込むために他の党と組むことは本当に避けられないことでした