大体にして障害者年金の額が少なすぎるのです。1か月確かに一人13万円の支給は人によっては多いと言うかもしれません。
だけど昔一生懸命働いて働いたがゆえに、ハンディを抱えてしまう障害を抱えてしまい、それで障害者年金を受け取らざるを得なくなってしまったのに、結局そのお金があまりにもしてないというのは一生懸命働いた人への報いとしてはあまりにもひどいと思うのです。 どれだけ一生懸命働いていたか、真面目に働いていたか、それは本当に得失なしありました美しい人だと思っていたのですが、結局不真面目な適当に仕事をしている人は全くに病むことはなく本当にのうのうと生きているのに、私たちのように一生懸命働いたのに、それで障害を抱えてしまった人達は本当に馬鹿をみるしかないのだと思いました。馬鹿を見るだけではなくてこの国は本当にお金がない人たちにとって、お金がない人たちに対して、それほど酷い国であることをひしひしと感じています。
布団クリーニング 大阪