生活保護に以降したことで、かなり暮らしがよくなったと思う。
なんといっても、医療費免除。
本当に助かる。
とにかく、恥とか言っていられなかったし、今もこれでよかったと思っている。
それから、この1ヶ月くらいで、考えたのだが、「上をみあげない」ことで楽になっていこうと思った。
もっといい暮らし、もっと大きな家、もっとお金持ちに。

でもね。
生活に困らず、食べ物が美味しく、住むところも、きちんとしていて、愛する人がそばにいてくれるこの幸せ。
もう、苦しんで苦しんで働く必要はないのだ。

どこかで、俺は普通の健常者と同じなんだ、元は教師をしていた勝ち組だったんだ、上を目指して頑張っていたんだと自負することが大きかった。

しかし、

現実は、かなりシビアだった。

塾講師としてバイト程度に働こうとしても、どうしても大学生と自分とを比較してしまって、卑屈になって、

授業もきちんとできなくて、

本当に苦しかった。

仕事が苦しいから、いつも死にたかった。