いつもいつのときも、
あなたを想ってる。
今も強く風が吹いて
いつもいつまでも
遠く祈っている
悲しい愛の歌

彼はいつも言ってた。
終わりなどないさ。
きっと君も同じはず。
僕の言葉は、指をくわえて
風に乗って消えていく。

そうね愛したことも、忘れるほどに
強く細く抱いていてね

そんな傷跡も
別れのシーンも
今はただ
想いの中

はい。これは、ワタクシが作詞した歌の歌詞なのでございます。
うん。
何を言いたいのか全然分からないね。
うんうん。
それに、メロディーも作ります。
うん。
もっとうまいよ。
完成がね。
いや、感性が高いみたいなのよ。
なんでかしらねども、妻と過ごしてこの4年間。
いきなり歌いだした俺。

けっこういい歌もあるのんよ。
忘れるけどね。

歌なんてさ
人の歌うのを聴いてさ。
まあ、ミュージシャンといわれる人たちの曲を聴いて。
それをコピーしたり、
ファンクラブ入ったり、
ライブ言ったり、
すればいいよね。
そんで、どうしても気がすまないときは、
自分で作ると。